オリンピック期間中の自主航行ルールについて

東京2020オリンピック•パラリンピック期間中における、東京港内自主航行ルールについて

★自主航行ルールとは
複雑に運河が交差し、多数の船舶が航行する東京港において、船舶の輻輳が原因となる事故を未然に防止するために
制定された自主ルールです。

★対象期間:2020年7月14日〜9月9日までの間(オリンピック選手村の開村〜閉村までの間)

★対象船舶:非動力船を含む全ての船舶

★ルールについて
1.設定海域内では、原則停泊(錨泊•漂泊を含む)を禁止。
2.隅田川永代橋以南の水域を航行する際は、原則反時計周りの航行。加えて第6台場〜鳥の島間は北向きの一方通航であり、反転の禁止。
3.官庁関係の船舶や東京港内で業務をしている船舶(港内クルーズ•水上バス•屋形船等)はルールに沿わないで航行する場合があります。

また期間中は、入域不可の水域(東京2020組織委員会占有水域)や航行自粛水域•停留自粛水域(海上保安庁が設定)が発生します。

★特に注意すべき海域について

船舶が輻輳する海域、運河の交差部等、航行上、特に注意すべき海域を以下に記載します。

エリア1:永代橋前面水域(隅田川と支流間の船舶の交通流等に注意)

エリア2:浜離宮前面水域(築地川水門から浜離宮に出入港する船舶の動きに注意 等)

エリア3:豊洲前面水域(運河の出入り口が交差している海域のため、他の船舶の動きに注意)

エリア4:レインボーブリッジ付近海域(狭い海域に多数の船舶が集まる海域)

エリア5•6:大型船航路&青海前面海域(大型船の航路帯の為、通航船舶の支障とならないようにする 等)

詳細な情報については、東京舟旅のウェブサイトでも順次公開される予定ですので、是非ご確認ください。

マリンスポーツやマリンレジャーをオリンピック期間中も安全に楽しめるよう、早めの情報の周知にご協力をよろしくお願いします。