ウォーターセーフティエキスパート

当財団が東京医科大学の協力を得て作成した、水辺に特化した応急処置のカリキュラムと、 アメリカを中心に世界で活躍する水上オートバイ(PWC)を利用した「K38PWCレスキュー」の カリキュラムを合わせた講習会。修了いただければ「ウォーターセーフティエキスパート」として認定されます。

マリンスポーツ水上安全指導員資格取得

ファーストレスポンダーコース
ファーストレスポンダー(第1救助者)としての役割を理解し、実行できるよう必要な知識と技術を習得するとともに、イベントや施設での救助システム構築に役立ちます。

要救助者発見 → 通報・連絡 → 応急処置 → 医療従事者(第2救助者)へ引き継ぎ、バトンタッチ

救命の連鎖

2013年はすべて終了しました。

※講習についてのお問合せはマリンスポーツ財団(03-3454-1151)まで

WSEの講習内容

K38「基礎コース」

(1)座学講習会の実施(3時間)
  1. K38とは
  2. 小型船舶の船長の心得
  3. 小型船舶の船長の遵守事項
  4. 一般水域での交通の方法(海上衝突予防法)
  5. 川及び特定水域での交通の方法(都道府県条例・ローカルルール等)
  6. 港内及び特定海域での交通の方法
  7. 操縦一般
  8. 点検・保守
  9. CPR(心肺蘇生法・AED含む)
(2)実技講習会の実施(3時間)
  1. 事故が起きた時の対応
  2. レスキューボード有無で実施

要救助者意識ありのレスキュー方法
ファーストレスポンダーの取得(所要時間:1日)

(1)座学講習の実施
  1. AEDを用いた心肺蘇生法(CPR)
  2. 窒息・溺水・熱中症・体位管理
  3. 外傷初期対応概論・止血法
  4. 外傷対応全身観察・RICE・固定・情報伝達
  5. ログロール・バックボード固定・ヘルメット除去
  6. 救急医療体制と救急医事管理
(2)実技講習の実施
  1. ミニアンを用いたCPR+AED
  2. CPR+AEDシナリオ実習(実技評価)
  3. 異物除去・体位管理
  4. 脈拍触知・CRT・止血法
  5. 外傷初期対応~全身観察
  6. ログロール・バックボード・ヘルメット除去
  7. 外傷初期対応~MISTまで(実技評価)
  8. シミュレーション

上記の【基礎コース】と【要救助者意識ありのレスキュー方法】をすべて受講することで、WSEの資格が取得できます。

・講習期間:2日間
・講習金額:2万円
・有効期限:2年間有効

 

講習会等に関する問い合わせ、お申込み
公益財団法人マリンスポーツ財団
電話:03-3454-1151

ページトップへ戻る