記事紹介:adidasが海洋ゴミを100%使用したスニーカーを発表!


2015年7月、adidasが海洋に捨てられていたゴミや違法設置に仕掛けられていた刺し網等を回収し、
それによりスニーカーを制作し、国連で発表したという記事です。
緑の模様が印象的なスニーカーですが、一度海洋に投棄したゴミが
このように形を変えて戻ってくることは素晴らしい事だと思います。

しかし、海洋ゴミをそもそも出さないという事が海洋環境問題を解決する本来の手段でもあります。
adidasがこのような靴を製作した意味を考え、私たちの海や川、水辺での行動に繋げていきましょう。




詳しい内容はこちらから。
https://tabi-labo.com/155057/adidasknitsneaker